八王子にもあるモビット、利息の計算方法は?


八王子にはモビットのローン申込機が、八王子駅前コーナーと多摩ニュータウン通り堀之内コーナーの2店舗があります。
金利が4.8%~18.0%と消費者金融として標準的な金利のモビットですが、利息の計算方法をご存知でしょうか。

借り入れをすれば必ず利息をつけて返済をしなくてはなりません。
返済額のすべてが元金に充当されるのではなく、元金と利息に分かれています。
しかも利息は、金額、金利、利用日数によって決まるため、利息を指しい引いた残金が元金に充当されることになります。
実際に計算をしてみましょう。
モビットの上限金利は18.0%になっていますので、10万円を18.0%で借り入れたとして考えてみましょう。
最初の返済が1か月後とすれば、利息はいくらになるでしょうか。
利息の計算方法は「借入残高×借入利率(金利)÷365日(年間日数)×返済期日以前利用日数」となります。
つまり10万円×18.0%÷365日×30日となり、利息は1,479円です。
モビットでは10万円の借入時の返済額が4,000円となっていますので利息1,479円が差し引かれ元金充当額は2,521円になります。

思いのほか元金の返済ができていなかったということに気がついたでしょう。利息の計算方法を知らないままに返済をしていれば元金充当額が少なく返済が進まないということになりかねません。
モビットの返済は、随時ATMからの返済も可能です。
元金としていくらを返済できているのかをしっかりと考えながらモビットと上手に付き合っていきましょう。

関連サイト

カードローンの返済方法の種類は?


カードローンの返済方法にはいくつか種類があり、それぞれ、特徴とメリットがあり、それを知ることで、より自分に合った方法を選択することができます。
まず、カードローンの返済方法で、利用残高に関わらずに、出ていくお金が一定のリボ払いがあります。返済する金額が一定のため、手軽に利用できますが、残高が把握しにくく、使いすぎても自覚がないので、借り入れ残高が膨れ上がってしまうということがあります。返済したお金はまず利息に充当されるため、他の返済方法と比べると、支払利息が多くなってしまいやすいということがあるため、計画性をもって利用することが大切です。
なるべく負債を抱えたくない方は一括払いがおすすめです。借りた次の月に一回で返済するので、少額借り入れをしたいという場合には、非常に便利です。しかし、逆に多額の借り入れをすると返済が大変になるため、利用方法次第では生活に負担がかかることもあります。
分割払いは、借入金額に手数料を足した金額を所定の回数で返済する方法です。リボ払いとの違いは、月々の支払額は一定ではないため、分割払いを利用した分だけ、返済額が膨れ上がってしまうということがあります。でも、借り入れを行うたびに支払額が増えることは、逆にいうと、使い過ぎを防止することができるというメリットもあります。
カードローンおすすめの融資を利用する際には、それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、返済方法を選んで利用することが上手な使い方に繋がります。

全身脱毛の総額は知恵袋を見るべき?


全身脱毛を行うときに気になるのが、全身脱毛にかかる総額についてです。
色々な情報を得るために、知恵袋などをチェックする人もいますが、実はあまり参考にならないケースもあります。
最近では、脱毛専門サロンも増えてきているので、全身脱毛も比較的低価格で受けることが出来るようになってきました。
サロンによって若干異なりますが、平均的には10万円から15万円程度ともいわれています。
しかし、全身脱毛の場合、支払い方法がいくつかあるので、自分の経済状態や支払える金額によって、支払い方法を選択することも大切です。
以前は、契約時に総額の支払いを求められていたので、最初にまとまった金額を用意しておかないといけないという問題がありました。
しかし、最近では月額制を取り入れているサロンも増えてきているので、最初にまとまった金額が用意できていなくても、月々決まった金額を支払うことが出来れば、気軽に全身脱毛が始められます。
月額制の場合には、平均的に1万円前後の支払いとなりますが、キャンペーンなどを利用すると数か月分無料となったり、お得に契約をすることもできます。
知恵袋などに掲載されている金額は、そのタイミングでのキャンペーン金額であったり、定価の場合も多いので、気になるサロンが見つかったら、ホームページで最新の情報をチェックしたり、近隣のサロンへ直接無料カウンセリングへ行くことで、最もお得な情報を得ることができます。

引き落とし日を指定してバンクイックの返済を無理なくこなす


返済方法の一つに口座引き落としがあります。
引き落とし日となる返済期日は自分で契約時に決めることができますので無理のない返済をしていくのには有効な方法になるものです。

「毎月指定日返済」と「自動支払い」を返済方法として選択した場合についてみてみましょう。

まずは毎月指定日返済についてです。
自動支払いの日程は自分で決めることができます。
いつでも決めることができるものではなくバンクイックで契約をするときになります。
給料日があればその都合を考えて引き落とし日を決めておくと安心でしょう。
給料日からあまりに離れてしまえばその間に使ってしまうことも考えられますし、給料日当日となれば何らかの事情があって給与振り込みが遅れることがあれば引き落としができずに返済の遅延となってしまいます。
一般的には自動支払いの返済は給料日から3日以内となるのが多いようです。

自動支払い、つまり口座引き落としについても確認しておきましょう。
口座から引き落としにするためには対応している金融機関の口座でなくてはなりません。
バンクイックが自動支払いに対応している口座は三菱東京UFJ銀行だけです。
三菱東京UFJ銀行のバンクイックになりますので当然と言えば当然かもしれません。
バンクイックを利用するためには三菱東京UFJ銀行口座は必要ありませんが、バンクイック増額の返済方法として自動支払いを選択するのであれば三菱東京UFJ銀行口座が必要となることとなります。